インフォメーション

医療法人聖真会 横山記念病院

外観の画像

〒460-0012
名古屋市中区千代田3-11-20

TEL 052-332-1811
FAX 052-331-1841

来院のご案内

地図のイラスト

診察受付時間 8:15~
※日曜・祝祭日休診

おなか元気ですか?

内視鏡検査(胃カメラ、大腸ファイバー)について

【上部消化管内視鏡(胃カメラ)】

当院では当日の朝絶食(前日20時までの軽い食事としてください、透明な水分は可能です)でご来院いただければ当日の上部消化管内視鏡(胃カメラ)が可能です。健康診断や人間ドックの胃レントゲン検査で異常を指摘された方の多くがこの方法で検査いただいています。一方、上腹部痛があってこの精密検査のためご来院いただいた方は内視鏡の前に腹部超音波検査で空気の入っていない臓器(肝臓、胆のう、すい臓、腎臓など)の検査を行った後に内視鏡検査を受けることも可能です。

図1

図1(クリックすると拡大されます)

経鼻内視鏡(鼻からの内視鏡)(図1)や鎮静剤を用いた半麻酔下の内視鏡検査も可能ですが、ご希望をうかがったうえ適応を考慮して行っています。内視鏡検査自体の費用は通常の上部消化管内視鏡と同額です。

図2

図2(クリックすると拡大されます)

平成22年4月の診療報酬改定でNBIを用いた拡大内視鏡検査(図2)が保険適応となりました。当院でも一部の方で行っておりますが、通常の上部消化管内視鏡よりも3割負担の方で600円高額となりますので行う前に適応などをご説明の上行っております。

一般的に食道がん、咽頭喉頭がんの早期発見や胃がんの進展度診断などに用いられており、一般的にヘビースモーカーで大酒家の高齢男性は食道、咽頭喉頭がんのリスクが高いとされておりこのような方にお勧めしています。

内視鏡的胃ポリープ切除術、早期胃がんに対するESD(内視鏡的早期胃がん粘膜下層剥離術)などの治療的内視鏡も行っておりますが、短期間の入院治療が必要であり初診当日の対応は行っておりません。

【下部消化管内視鏡(大腸内視鏡または大腸ファイバー)】

健康診断や人間ドックの便潜血陽性の方の精密検査としては全大腸を内視鏡観察することが勧められています。当院では一度ご来院いただき予約を取っていただいています。腸管の前処置(便を排泄するための下剤や食事の注意)はこの時にご指導いたします。

鎮静剤を用いた半麻酔下の内視鏡検査を行っていますが、以前に他の病院でこの検査を受けてつらい思いをした方など、ご相談のうえで行っています。通常は無透視、無麻酔で行っています。

大腸ポリープの場合、腺腫性ポリープと判断された場合はその場でポリープ切除(ポリペクトミー)を行っています。これは、大腸検査の場合、前処置が大変で患者さんにとっても2度手間になることを防ぐためです。この場合、原則としてその晩は入院としています。(入院期間は2日間となります。)

なお、突然の大量出血や便が出るようで出ないテネスムス症状のある場合は初診当日に緊急簡易大腸内視鏡を行って診断をつけ迅速な治療につなげることも行っています。

【専門的検査】

図3

図3(クリックすると拡大されます)

超音波内視鏡、内視鏡的膵胆道造影および処置、シングルバルーン法による小腸内視鏡検査および処置(図3)などを行っていますが、適応について十分ご説明の上、専門医により行われます。小腸内視鏡は本邦で開発発達してきた技術ですが、クローン病の診断、治療に大きく貢献するようになってきました。

【検査実績】

横山記念病院診療実績 平成28年度(2016年度)

内視鏡検査件数

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ) 3,545件
内視鏡的粘膜剥離術(ESD) 8件
下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ) 1,872件
大腸ポリペクトミー・内視鏡的大腸粘膜切除術(EMR) 304件
大腸狭窄部内視鏡的拡張術 4件
小腸シングルバルーン内視鏡 4件
小腸カプセル内視鏡 12件
大腸カプセル内視鏡 2件

その他検査

超音波検査 4,025件
尿素呼気試験(UBT) 468件

ページの先頭へ